2022.04.27

お湯だけ洗顔って効果あるの?メリットやデメリット、思わぬ落とし穴を紹介!

毎日必ず洗顔はしますよね。
その時に洗顔料を使って洗顔している方はとても多いと思います。

洗顔料の目的は顔の汚れを落とすことですが、絶対に洗顔料を使わなければいけないと言う事はありません。
中にはお湯だけで洗顔を済ませる方もいます。

今回はそんなお湯だけ洗顔のメリットやデメリットを紹介します。
この記事を読んで自分の肌質に合うと思えば、是非お湯だけ洗顔を試してみてくださいね。

お湯だけで洗顔してもいいの?

お湯だけ洗顔にはメリットもデメリットに存在します。誰に対してでもお湯だけ洗顔が有効だとは言えません。人によってお肌のタイプが違うため、抱えている肌トラブルも多種多様です。

今回紹介するお湯だけ洗顔は、特に乾燥肌の方にオススメの洗顔方法ですが、乾燥肌だからと言って完全にお湯だけの洗顔が良いというわけでもありません。
お湯だけの洗顔と洗顔料を使った洗顔のバランスが大切です。

今現在で洗顔料を使って洗顔をしている方で、お肌の悩みが解決されていないのであればお湯だけ洗顔を試してみる価値は大いにあります。


▶︎冷水洗顔について詳しく知りたい方はこちら
▶︎水だけ洗顔について詳しく知りたい方はこちら

お湯だけで洗顔するメリットとは?

まずはお湯だけ洗顔のメリットを3つ挙げて説明します。
このメリットが今の自分の肌状態に有効だなと思ったら、ぜひお湯だけ洗顔をやってみてくださいね。

お湯だけ洗顔のメリット①毛穴の開きが改善

お湯だけ洗顔の1つ目のメリットは「毛穴の開き改善」です。
毛穴の開きの原因として洗顔料を使った洗顔のやりすぎが考えられます。それを避けるためにもお湯だけ洗顔はおすすめです。

毛穴の開きは様々なお肌トラブルを引き起こしてしまうので、もし毛穴の開きで悩んでる方はお湯だけ洗顔を試してみてください。

お湯だけ洗顔のメリット②肌の保湿力が上がる

お湯だけ洗顔の2つ目のメリットは「肌の保湿力が上がる」ことです。
洗顔料を使った洗顔はお肌の保湿力を下げてしまうと言われています。

お肌の保湿力はエイジングケアにも大切ですし、お肌のバリア機能を維持するためにも重要な要素です。
お湯だけ洗顔はこの保湿力を維持するために有効ですが、それだけに頼るのではなく、お湯だけの洗顔後に保湿に特化したケア用品を併用すると効果がより上がります。

お湯だけ洗顔のメリット③ニキビの悪化を防ぐ

お湯だけ洗顔の3つ目のメリットは「ニキビの悪化を防ぐ」ことです。

洗顔料の成分がお肌への刺激となりそれがニキビの原因となってしまう場合があります。
洗顔料を使って洗顔をしすぎるとどんどん乾燥肌になる場合がありそれがニキビの原因となってしまうことも。
もし今ニキビに悩んでいる方は1度お湯だけ洗顔を試してみてください。

お湯だけで洗顔するデメリットとは?

お湯だけ洗顔のメリットを3つ見ていきましたが、お湯だけ洗顔にはデメリットもあります。今度はお湯だけ洗顔のデメリットを2つ挙げます、メリットとデメリットを比較してみて自分に合うのか判断してくださいね。

お湯だけ洗顔のデメリット①必要な皮脂を一緒に流してしまう

お湯だけ洗顔の1つ目のデメリットは、肌に必要な皮脂膜を一緒に流してしまうことです。

皮脂膜はお肌の角層の表面を覆っている膜です。
お湯だけ洗顔で熱いお湯を使って洗顔してしまうと、必要な皮脂も一緒に流れてしまい、その皮脂膜を作ろうとする身体の防御機能によって、現状でオイリー肌の方はよりオイリー肌になりやすくなります。

このデメリットは乾燥肌の方にはメリットになる場合もあるので、まずは自分のお肌のタイプを知ることが大切です。

お湯だけ洗顔のデメリット②セラミドなどが溶け出す

お湯だけ洗顔の2つ目のデメリットは、肌のうるおいを保つセラミドなどが溶け出してしまうことです。

セラミドはお肌の潤いを保つ保湿機能を果たしています。
しかし、熱いお湯で洗顔をしてしまうと肌にとって必要なセラミドなどの保湿成分が溶け出してしまいます。
肌のうつおいを保つセラミドなどの保湿成分は、お肌の見た目の美しさを守る上でもとても大切なので、熱すぎるお湯で洗顔してセラミドが溶け出してしまうようでは、お湯だけ洗顔はおすすめできません。

お湯だけ洗顔のデメリット③汚れがきちんと落とせない

お湯だけ洗顔の3つ目のデメリットは、汚れがきちんと落とせないことです。
お湯だけで洗顔を済ませてしまうと、メイク汚れや汗・不要な皮脂などをきちんと落とすとができません。
汚れがきちんと落とせていないと、肌トラブルの原因となってしまうことも。

メイクの濃さや汗の量など、その時の肌の状態に合わせてクレンジングや洗顔料を使うことが必要です。
自分の肌の状態を見極めて、お湯だけ洗顔か・洗顔料を用いるか、判断して洗顔をしましょう。

お湯だけ洗顔に適した温度とは?

お湯だけ洗顔に適した温度とは?

洗顔に適した温度は、お肌のタイプによって変わってきます。

お肌のタイプ別の特徴とタイプ別にどれくらいの温度が良いのか目安を挙げていきますので参考にしてみてください。

  • 【乾燥肌】25℃~30℃
  • 【普通肌】30℃~35℃
  • 【混合肌】25℃~35℃
  • 【脂性肌】35℃~40℃

お肌が乾燥しているほど熱いお湯で洗顔するのはNGです。
乾燥肌の方はぬるめのお湯で洗顔した方が肌質の改善に繋がるので熱すぎるお湯で洗顔しない様に注意してください。

全体的に見るとお肌の油の量によってお湯の温度を上げていくイメージです。
お湯だけ洗顔を始める前に、必ず自分のお肌タイプを調べてくださいね。

やっぱり洗顔料を使いたい!そんな方におすすめの洗顔

お湯だけで洗顔するメリットはありましたが、やはり余分な皮脂や角質を落とすなら洗顔料を使った洗顔がおすすめ。
「洗顔で明るい印象の肌を目指したい!」「肌を徹底的にケアしたい!」という方におすすめの洗顔料をランキング形式でご紹介します。

1位|BISVEIL 泡ミツ洗顔

初回限定 980円

キメの細かい泡で肌トラブルの原因を洗い流すハイレベルな洗顔料

BISVEILは、結婚式前の花嫁さんや、特別な日や大切な日の前に使われる「ブライダルスキンケアブランド」。
BISVEILの泡ミツ洗顔はキメの細かい泡が、古い角質や余分な皮脂を洗い流し、肌トラブルの原因を洗い流します。

泡ミツ洗顔に含まれる天然の洗浄成分「ソープナッツパウダー」がキメの細かい泡立ちを作り、3000ppmも配合された炭酸*がゴワついて硬くなった肌をじんわりと柔らげながら洗います。
硬くなって化粧水や美容液が浸透しづらくなった肌もモチモチに洗い上げて普段のスキンケアを底上げし、保湿成分として含まれるはちみつが乾燥しがちな肌もしっとり肌に。

手や泡立てネットでは作れないような泡が魅力で、「こんなにふわふわの泡で洗顔したことない!」との声が多数。
強すぎないはちみつの香りが、洗顔タイムを癒しの時間に。
お湯だけの洗顔では実現できない理想の洗い上がりが叶う、ハイレベルな洗顔料です。

2位|どろあわわ

どろあわわ

初回限定 1,364円

お米×発酵パワーの「ほぐし洗顔」

「ほぐし洗顔」で有名などろあわわが、堂々の第二位。
どろあわわに含まれるお米の力で角質などで厚くなった肌をうるおしてほぐし、3つの泥パワーで毛穴の汚れを落とし、米ぬか発酵エキスが肌を整える洗顔料です。

硬いテクスチャーなので泡だてネットを使用しなけらばいけないのが難点ですが、泡立ちは◎。
洗い上がりは明るくもちもちの肌に。パウチタイプなので持ち運びも便利な洗顔料です。

3位|イルチ ブラックソープ

初回限定 3,300円

海外でベストコスメ賞を数々受賞した「塗る」洗顔

乾燥して硬くなってしまった皮脂汚れや肌に残ってしまった汚れを、100%天然由来の発酵パワーで汚れをダイレクトに吸着して分解する洗顔料です。
「塗る」洗顔料なので、「汚れをしっかり落とせているか不安」との声が多いですが、洗い上がりは汚れが落ちて明るい顔色になります。
水分が不足しがちな肌をやさしく守りながら、悩ましい毛穴汚れを解決する洗顔料です。

自分の肌のタイプを見極めてお湯だけ洗顔をしよう!

クリアな肌に導く正しいクレンジングの方法とは?簡単なコツを掴んで肌トラブル知らずに!

今回は、お湯だけ洗顔について紹介しました。
洗顔は毎日必ずする事なので、自分に合った方法を選択することがとても大切です。
お湯だけ洗顔は、今の洗顔で悩んでいる場合にはおススメですが、肌のタイプによって使うお湯の温度を変えたりなど大変です。

しかし、お湯だけ洗顔をすることによって今の肌質の改善がみられる場合もありますので、まずはお試しで1か月続けてみるのも1つの手。
いろいろ試してみて、自分のお肌が1番良い状態に出来る洗顔方法を見つけてくださいね。

PickUpArticle

ニキビにはちみつが効く?美肌効果やおすすめの5つのケアを紹介!
【必見】洗顔後に保湿しないのはNG!効果的な洗顔後の保湿を紹介!
みかん肌ってどんな肌?悪化させる習慣や目立たせない方法を解説!     
肌を綺麗にしたい!50代の肌を綺麗にする対策やスキンケア方法とは?
はちみつ洗顔の効果とは?誰でも簡単にできる方法と注意点を紹介!
40代におすすめの洗顔は?選び方やおすすめの洗顔料3選を紹介