2022.06.14

【必見】洗顔後に保湿しないのはNG!効果的な洗顔後の保湿を紹介!

乾燥を防止するために保湿は欠かせないと言われていますが、肌の保湿がなぜ大事なのか理由をご存じでしょうか?
きちんと洗顔をしていても、その後のスキンケアが誤っていればせっかくのスキンケアが台無しになってしまう場合も。今回は、洗顔後に保湿する目的や正しい保湿のやり方について解説します。

洗顔後の保湿はできるだけすぐ!

洗顔後の保湿はできるだけすぐ!

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態であるため、できるだけすぐに保湿しましょう。

本来、肌は皮脂膜やNMF(天然保湿因子)などが肌のバリア機能として働き、うるおいを守ってくれています。
しかし、それらが洗顔によって洗い流されてしまうと肌のバリア機能が一時的に弱まり、乾燥しやすい肌状態になってしまいます。

肌のバリア機能は肌をあらゆる刺激から守り、肌のうるおいを保っており、肌にとって重要な役割を果たしているのです。
大切なバリア機能を守るために、洗顔後は素早く保湿を行いましょう。

また、洗顔後は肌も敏感になっており、時間が経過するほどどんどん肌が乾燥していってしまうため、水をふき取ったらすぐに保湿ケアをすることが重要です。

▶︎洗顔後につっぱる理由についてはこちら

洗顔後の保湿の目的とは?

洗顔後の保湿の目的とは?

保湿の目的は、肌のうるおいを保つバリア機能の力を補えるよう、肌を整えることです。
では、保湿をすることでどのような効果があるのか詳しく紹介していきます。

洗顔後の保湿の目的①乾燥から守る

肌を乾燥から守るのは洗顔後の保湿の一番の目的です。

肌のバリア機能は、肌の水分の流出を守る役割を果たしています。
洗顔後に保湿ケアをしないでいると、肌のバリア機能が低下したままになり見た目でわかるくらい肌がカサカサになってしまったり、粉ふきや皮むけなどの原因となることもあります。

乾燥は一度起こってしまうと、回復するのに時間がかかります。
日頃から洗顔後に保湿をしっかりと行うことで肌を乾燥から守りましょう。
乾燥しやすい場合は、保湿力が高いスキンケアアイテムを選ぶことも重要です。

洗顔後の保湿の目的②ターンオーバーを整える

肌はターンオーバーを繰り返すことで肌のバリア機能を維持しています。
そのため、洗顔後にしっかり保湿をして。角層をうるおった環境に整えることが重要です。

洗顔後の保湿を怠ると、肌が乾燥することでターンオーバーが乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れると。さらに肌が乾燥したり、さまざまな肌トラブルの原因にも・・・。

洗顔後の保湿の目的③バリア機能を守る

保湿は肌のバリア機能を補ってくれる役割を担っています。
洗顔後の肌はバリア機能が一時的に低下していますが、しっかり保湿ケアをすることでバリア機能をサポートし、肌環境を整えるのを助けてくれます。
肌の環境が整うことで、本来肌が持っている力が活かされ健康な肌に近づけます。

また、バリア機能は肌にとって刺激となるものが体内に入るのを防ぐ役割も。
肌のバリア機能が低下したままでは、肌が敏感になってしまったり、肌の痛みやかゆみなどの炎症の原因にもなります。
健康な肌を保つのにも、日頃から洗顔後の保湿を丁寧におこなうことが大切です。

洗顔後の正しい保湿ケアとは?

洗顔後の正しい保湿ケアとは?

「洗顔後は必ず保湿ケアを行っているのにつっぱり感がある…」「口もとや頬などが乾燥しやすくて困っている」という方は、もしかしたら適切なスキンケアを行えていないのかもしれません。

洗顔後に正しく保湿するためには押さえるべきポイントが3つあります。

洗顔後の正しい保湿ケア①優しく洗顔

まず、洗顔はできるだけ優しく行いましょう。
洗顔は肌についた汚れやメイク、皮脂を落とすために行いますが、やりすぎてしまうと本来肌に必要な保湿成分まで奪ってしまうことも。

洗顔をする時は、清潔な手で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡を転がすようにして洗いましょう。
泡を手と肌の間のクッション代わりにするように洗うのがコツです。

すすぐときは人肌程度のぬるま湯で行い、洗顔料のすすぎ残しがないように入念に洗い流すことが重要です。
洗顔後は、清潔なタオルを使用し肌にあてるように水をふき取ります。
ゴシゴシこすらず、摩擦を極力減らして洗顔することが、乾燥知らずの美肌を目指すコツです。

▶︎正しい洗顔方法についてはこちら

洗顔後の正しい保湿ケア②お風呂から上がってすぐに!

入浴後や洗顔後は、できるだけすぐに保湿ケアを行うことが重要です。
洗顔後などは特に肌がデリケートで乾燥しやすい状態のため、時間をおかずに素早く保湿することが大切です。

お風呂から上がったり洗顔が終わったら、すぐに保湿できるようにあらかじめ準備しておくことも大切。
お風呂場に化粧水を置いておいて、お風呂から上がる前に保湿するのもひとつの手。
中にはスプレータイプの化粧水もあるので、お風呂場でさっとスプレーで全身保湿してしまうのも◎。

肌の乾燥を防ぐためにも、洗顔後は素早い保湿を心がけましょう。

▶︎洗顔後に肌のつっぱりが気になる方はこちら

洗顔後の正しい保湿ケア③肌の水分を逃さない

肌の水分を逃さないよう、化粧水後は乳液やクリームで肌のうるおいを閉じ込めましょう。
化粧水で肌を整えた後、そのままにしておいては水分が蒸発し乾燥を招いてしまいます。
美容液や乳液、クリームなどで保湿成分や油分を補うことで、うるおいと皮脂のバランスが整い肌の水分を保つことができます。

化粧水で保水して、乳液やクリームで蓋をするイメージで、水分が蒸発しないようにしましょう。

洗顔後の乾燥が気になる方には保湿成分配合の洗顔料がおすすめ

洗顔後の肌の乾燥やつっぱりが気になる方におすすめの洗顔料を紹介します。

BISVEIL 泡ミツ洗顔

BISVEILの泡ミツ洗顔は、ワンプッシュで濃密泡を作ることができます。
そのため、バリア機能を低下される原因のひとつである肌への摩擦を軽減し、肌を守りながら洗顔することができます。

また、泡ミツ洗顔は保湿成分としてはちみつを配合。
はちみつの力で洗顔後の肌のつっぱりを軽減することができます♪
洗顔後のつっぱりや乾燥が気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

▶︎泡ミツ洗顔について詳しくみる

洗顔後は正しい保湿ケアで美肌を目指そう!

今回は、洗顔後に保湿する目的について解説しました。
健康で美しい肌を保つために、洗顔後は正しいスキンケアで保湿しうるおいと皮脂のバランスを整えることが重要です。
保湿をすることで肌の乾燥を防ぐだけでなく、本来肌が持っているうるおう力を効果的に引き出し、すこやかな肌を目指すこともできます。
今までなんとなく保湿をしていたという方は、一度洗顔後のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

PickUpArticle

洗顔のしすぎには気を付けて!洗顔のしすぎにならない正しい回数とは?
洗顔後に現れる「白いポツポツ」は角栓!対処法とおすすめスキンケア紹介!
乾燥したカサカサ唇にはちみつが効果的?【成分とケア方法とは】
【最新版】マスクの摩擦はワセリンで防ぐ!肌荒れをワセリンで防ぐ方法を紹介
【完全保存版】洗顔の正しい方法とは?美肌への近道になる洗顔方法!
40代の肌がボロボロになるのはなぜ?改善する方法はある?