2022.06.08

洗顔のしすぎには気を付けて!正しい洗顔回数と方法とは?

スキンケアの基本である洗顔。
皮脂のベタつきや毛穴のつまりなど、よく見えるので気になりますよね。
この汚れ、しっかり洗えば洗うほどいいと思っていませんか?
実はそれは間違えです。
洗顔のしすぎはニキビや肌荒れを招いてしまうことがあります。
ただ闇雲にごしごしこすったり何度も洗顔するのではなく、適切な方法で洗顔することが大切です。
今回は適切な洗顔回数と方法を解説します。
日常の洗顔について見直すことで、美肌への入り口を開きましょう!

洗顔のしすぎは逆効果!?

どうして洗顔のしすぎは肌を痛めてしまうのでしょうか。
もちろん、洗顔で皮脂や毛穴の汚れを落として肌を清潔な状態にしなければ、スキンケア化粧品の美容成分が肌に浸透せず、美容効果があまり感じられなくなってしまいます。

しかし洗顔をしすぎることで、本来肌を守るために必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまい、皮脂が余分に取り除かれてしまうので肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

また、肌を守ろうとするために過剰に皮脂が分泌されることもあるため、毛穴詰まりやニキビが発生してしまうことも。
さらには、肌のバリア機能が低下し汗や花粉などの外部刺激に敏感になり、痒みや肌荒れの要因にもなってしまいます。

洗顔のしすぎは適切な回数とやり方で防ごう!

ここでは、適切な洗顔の回数と方法について詳しく説明します。

朝と夜2回の洗顔

顔を洗顔するタイミングは、朝と夜の2回行うのがおすすめです。

洗顔は一日何回行っていますか?
回数は特に意識せず、皮脂や毛穴汚れが気になったときに洗っている方は要注意。
洗顔のしすぎは肌トラブルを招く原因となってしまいます。

しかし、肌の負担を避けたいからと言って夜一回で済ませるのも避けたほうがよいです。
朝と夜の洗顔の目的はそれぞれ違います。

朝の洗顔で落とす汚れは、

  • 寝ている間の汗
  • ターンオーバーで排出された古い角質
  • 寝具についているホコリ

などがあります。

夜の洗顔で落とす汚れは、

  • メイク落としでしようしたクレンジング剤
  • クレンジング剤で落としきれないメイク汚れ
  • 大気中(排気ガスや花粉)の汚れ

などがあります。
このように、朝と夜の洗顔にはそれぞれ目的があるため、このタイミングでの2回の洗顔をおすすめします。

肌を傷つけないように洗う

洗顔のポイントは、肌を傷つけないように優しく洗うことが大切です。
優しく洗うためのコツは、「泡」で洗うことです。
泡は手と肌の間のクッションの役割を果たしてくれるため、汚れを落とす際の摩擦を少なくしてくれます。
「泡」といってもキメが粗いと汚れを吸着してくれないので、濃密な泡を作ることを意識しましょう。

キメ細かい泡を作るポイント

①清潔な手で泡立てる
手に油分などの汚れがついていては、泡立ちがうまくいきません。
洗顔前に手を洗いましょう。

②さし水は徐々に
一度に多くの水を足してしまっては洗顔料が手から流れ落ちてしまいます。
少しずつ様子を見ながら水を足していき、最終的にたっぷりと水分を含んだきめ細かな泡を作りましょう。

③空気をたっぷり含ませる
泡立てるときは、手をお椀のようにして空気を含ませながら泡立てましょう。

この3つのポイントを踏まえても、なかなか上手に作れないという方は、市販の泡立てネットを使用すると簡単に作ることができます。
また、泡で出てくるタイプの洗顔料は簡単&便利に濃密な泡が出てくるのでおすすめですよ。

肌を傷つけない洗顔方法

  1. 皮脂分泌の多いTゾーンから泡を広げる
    毛穴が気になる小鼻周辺も決して強くこすらず、泡を転がすように指をクルクルしてください。
  2. Uゾーンを洗う
    顎先なども角栓や毛穴汚れが気になる方がいると思いますが、やさしくなでるように洗いましょう。
  3. 皮脂の量が少ない頬を洗う
    泡い過ぎに注意して優しく手早く洗いましょう。
  4. 洗い流しがないように丁寧にすすぐ
    水温は、36度程度のぬるま湯ですすぎましょう。
    暑すぎるお湯は皮脂を余分に取り除いてしまいますし、冷たい水は汚れ落ちが良くありません。
    フェイスラインや生え際なぢお、すすぎの腰がないかチェックしましょう。
    すすぎ残しは肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。

自分の洗顔を見直そう!NGな洗顔方法

ここでは、具体的にやってはいけない洗顔方法について4つお伝えします。

洗顔する回数が多い

朝夜の洗顔のタイミング以外に洗顔してしまうと、肌を守っている皮脂や保湿成分まで落としてしまいます。
皮脂のベトつきなどが気になっても、油取り紙などで取り除く工夫をしてみましょう。

洗顔する時間が長い

洗顔する時間を気にしていますか?
洗顔時間は1分以内を目安に行いましょう。
朝など、汚れが少ない場合は30秒程度にしてください。
汚れが気になって、2~3分ほど洗顔している方が中にはいると思いますが、洗顔料が肌に触れている時間が長いと本来必要なうるおい成分まで奪われてしまいます。

強くこすっている

角栓や毛穴が目立つ部分などを、ゴシゴシこすってしまいがちですがこれもNGです。
肌の角層にダメージが加わり、ターンオーバーが乱れてしまします。
また、刺激が加わった部分にダメージが加わり雑菌が入り込むなどして、肌荒れやニキビなどのトラブルが発生してしまう可能性があります。

洗顔料が多い

泡立ちを良くしようとして、規定の倍量を使用していませんか?
洗顔料に含まれる洗浄成分は肌の汚れを落としてくれますが、多すぎると肌に負担となってしまいます。
必ず規定量を守って、洗顔するようにしましょう。

洗顔のしすぎを防ぐ!おすすめの洗顔料

ゴシゴシ洗いをせずにお肌を守りながら洗える洗顔料を紹介します♪

BISVEIL 泡ミツ洗顔

ワンプッシュでふわふわな泡を作ることができるので、ゴシゴシ洗いを防げておすすめです♪
ほんのり香るはちみつの香りが心地よく、泡ミツ洗顔の泡が皮脂や汚れを落とす役割をするので
洗顔の洗いすぎを防ぐことができます♪

▶︎詳しくはこちら

洗顔のしすぎは逆効果。正しい洗顔方法で美肌を目指そう

洗顔のしすぎは肌トラブルの原因となってしまうことについてお伝えしました。

洗顔回数は朝と夜の2回行うのがベストで、洗顔する際のポイントはたっぷりの泡を使用することで肌に負担をかけずに毛穴や皮脂などの汚れを落とすことができます。
普段なんとなく行っていた洗顔ですが、正しい方法をしっかりと頭に入れて洗顔し、美しい肌作りの土台を作っていきましょう!

PickUpArticle

はちみつ洗顔の効果とは?誰でも簡単にできる方法と注意点を紹介!
マスク生活で目立つ嫌な毛穴が開き。対処法と原因をタイプ別に解説!
美肌へ導く洗顔はタイミングが大切!正しい洗顔のタイミングを紹介!
洗顔後はタオルで拭かない!?洗顔後はクレンジングタオルで美肌に!
【必見】洗顔後に保湿しないのはNG!効果的な洗顔後の保湿を紹介!
クレンジングで角栓が取れない?たまご肌を目指すなら適切なケアを!