2022.05.14

間違えると大変!美肌になる洗顔の正しいすすぎ方・すすぎの目安を紹介!

美肌になるための正しい洗顔のすすぎ方をご存知ですか?外出する機会が減って、洗顔のすすぎを適当にやっている方は注意が必要です。今回は美肌になるための洗顔のすすぎ方と間違えたすすぎ方によって起こるトラブルについて紹介します。

洗顔のすすぎの目安は30回!

洗顔後のすすぎは「もう完全に泡が落ちたかな?」と思えるくらいすすいだ後に10回ほど追加すすぎましょう。
大体30回が目安です。

ですが、すすぐ回数は個人差もありますし、肌の状態によって変わります。
たとえば、夏の暑い日で顔に油が乗りやすい状態の場合は、多めにすすいでも大丈夫です。
逆に乾燥する冬の場合はすすぎすぎると肌の油分を落としすぎてしまい、乾燥肌につながるので少なめですすぐといいでしょう。

洗顔後すすぐことはなぜ大切なの?

洗顔後すすぐことはなぜ大切なのか

洗顔において、このすすぐ作業が最も大事と言っても過言ではありません。
なぜなら、洗顔料が顔に残るとそれが刺激となって肌を傷つけてしまうから。
洗顔料は目視で確認して取れていても、顔の見えにくいところに残ってしまうことが多々あります。

そのため、ほっぺただけではなく、顔のくぼみ、鼻のわき、髪の生え際まで隅々までしっかりとすすぐことが大切です。
特に額の生え際やもみあげ部分は見落としがちなので、寝入りにすすぎましょう。

洗顔後のすすぎ方のポイント

すすぎをするときは、手で水をすくって優しく顔にぱしゃぱしゃと顔に押しつけます。温度はぬるま湯がおすすめです。
シャワーは水圧が強いので、シャワーですすぎをする場合は水圧は弱めに設定します。
すすぐ順番は気にせず、全体をすすいで構いません。

注意する点はすすぎ残し。髪の生え際やこめかみなど、すすぎ残しがないようしっかりとすすぎましょう。

また、すすぎの目安は30回ですが、お肌の状態を見ながら回数を調整することも大切です。
乾燥している肌は、少ない回数ですすぎ残しがないようしっかりとすすぎ、皮脂が多い状態の肌には多めにすすぐなど、肌に合わせてすすぐようにしましょう。

▶︎正しい洗顔方法についてはこちら

洗顔のすすぎ方が甘いと肌トラブルにも・・・

すすぐ時間が短かったり、すすぎ方が甘いと、洗顔料がきちんと流せず肌を刺激してしまいます。
洗顔料をしっかりと流せず、汚れが落とせていないと肌を傷つける原因になってしまいます。

すすぐ時間が短すぎると肌へのダメージとなってしまいますが、逆に長すぎてもいけません。
すすぐ時間が長いと、肌の油を必要以上に流してしまうため乾燥肌の原因にもなります。なので、すすぐ回数は30回を目安に自分の肌の状態と相談してすすぐことが大切です。

洗顔料には”洗う”ための成分として、水と油をなじませるための界面活性剤が入っています。界面活性剤が肌に残ってしまうと、肌の水分と油分のバランスが崩れて肌荒れやにきびの原因になります。

おすすめの洗顔料を紹介

すすぎやすいフワフワ泡の洗顔料を紹介します♪

BISVEIL 泡ミツ洗顔

ワンプッシュで簡単に泡が作れるタイプの洗顔で、泡ぎれも良い洗顔料です。
泡ぎれがいいとは言っても、すすぎ残しをチェックする必要はありますが、優しい泡で肌を守りながら洗える点もおすすめの洗顔料です♪

▶︎詳しくはこちら

洗顔後のすすぎは入念に!

洗顔後のすすぎは入念に!

洗顔とすすぎ方について解説しました。
洗顔は「良い洗顔料を使っているから大丈夫」と思っている方が多いですが、本当に大切なのは洗顔方法とすすぎ方です。

洗顔の方法を間違えると、自分の顔の汚れを落とすどころか返って傷を付けてしまうことがあります。
そのため、ここで紹介した方法で丁寧に洗顔をしましょう。
すすぎも疎かにすると、肌に残った洗顔料によって肌を傷めてしまいます。そのため、すすぎの回数は約30回、「ちょっとすすぎ過ぎかな」と思うくらいが丁度良いです。

しかし、肌の状態には個人差があるので自分の肌に合うようにすすぐ回数は調節しましょう。

肌は一日ケアをしたからといって、美肌になるわけではありません。毎日正しいケアをし続けることで徐々に理想の美肌へと近づきます。なので、面倒と思わず毎日丁寧に正しい方法で洗顔しましょう。

PickUpArticle

水だけ洗顔は肌に優しい?水だけ洗顔で汚れは落ちる?効果と注意点を紹介!
美肌になりたい人必見!はちみつが美容に良い理由を徹底解説!
【完全保存版】洗顔の正しい方法とは?美肌への近道になる洗顔方法!
「洗顔しない」美容法とは?洗顔しない方がいい理由を徹底解説!
シミ対策にはちみつパックがおすすめ!はちみつパックの驚きの効果!
洗顔は一日何回すればいいの?肌タイプ別の正しい洗顔の回数を紹介!