2022.04.27

美肌づくりは洗顔から!洗顔が美肌にもたらす具体的な効果とは?

毎日なんとなくおこなっている洗顔。
洗顔には、さまざまな効果があることを知っていましたか?

しかし、洗顔の効果をしっかり得るには、正しい方法で洗顔することが必要。
今回は正しい洗顔によって得られる効果を紹介します♪

洗顔で得られる効果とは?

毎日何気なく洗顔をしている人も多いでしょう。実は、洗顔には美肌になるためのたくさんの効果があるのです。洗顔によって得られる効果を紹介します。

洗顔の効果①余分な皮脂や汚れを落とす

洗顔の一番の効果は、肌の余分な皮脂や汚れを落とすことです。

私たちの肌は一歩外に出ただけで、花粉やPM2.5などさまざまな汚れが肌に付着してしまいます。
たとえ家で過ごしていたり、寝ている間であっても、汗やホコリなどの汚れが肌に付着してしまいます。
それらが肌に付着したまま放置していると、思わぬ肌トラブルを起こしてしまうことも。

そのため毎日のベーシックな洗顔はとっても大切です。
洗顔の汚れを落とす効果で、清潔な肌を保つようにしましょう。

洗顔の効果②古い角質をケア

古い角質が肌蓄積していくと、シミやくすみの原因となってしまうことがあります。
肌がくすんでしまい、せっかくメイクをしても、どんより暗い印象を与えてしまうことも。

洗顔を毎日丁寧にすることで、その日に発生してしまった不必要な古い角質を取り除く効果が得られます。
毎日肌に蓄積される垢となる成分をそのまま放置しておくと、年齢を重ねた時に取り返しのつかないことになりかねません。
古い角質をケアするためにも毎日の洗顔が必要です。

洗顔の効果③ターンオーバーを整える

お肌には4つの層があり、一番下の基底層で肌細胞が生まれて一番上の角質層に上ってくる周期のことをターンオーバーと呼びます。
健康的なトラブルのないお肌のターンオーバーは、基本的に28日周期です。

しかし、乾燥などのカサつきや皮脂のベタつきなどによってこのサイクルが乱れていると、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。
正常で健康なトラブルのない肌にしていくためには、28日周期でお肌が生まれ変わることができる状態を作ってあげることが大切です。

そのためには、毎日の洗顔を丁寧に行い、余分な皮脂や汚れ・古い角質を除去して、
化粧水や美容液やクリームで整肌してあげることが、一見遠回りで手がかかるように見えますが最大の近道です。

効果の出ないNGな洗顔方法

洗顔をしたすぐ後に、お肌が乾燥したり刺激を感じる人もいるかもしれません。
それはNGな洗顔方法を行っていることが原因かもしれません。

正しく効果的な洗顔方法で行うことが、肌トラブル解決への近道。。
ここからはNGな洗顔方法を紹介しますので、自分の洗顔方法を見直してみましょう。

効果が出ないNGな洗顔方法①洗顔をする手が汚れている

洗顔をする手が汚れていると、手についている雑菌や細菌などがお肌に悪影響を与え逆効果になってしまいます。
効果的に洗顔をおこなうためには、洗顔の前に石鹸で手をよく洗って、清潔な状態にしておきましょう。

効果が出ないNGな洗顔方法②熱すぎる・冷たい水で洗っている

洗顔の効果をしっかり感じるためには、洗顔する水の温度も大切です。

洗顔の温度は30〜35度の水が適正です。
それ以上の温度になったり、お風呂に入った時にボディーを洗う温度でシャワーで洗顔をしてしまうと、余計な汚れだけでなく、皮脂膜を作る必要な油分まで落としてしまい、肌が乾燥したり逆にニキビ肌になってしまう恐れがあります。

効果が出ないNGな洗顔方法③洗顔料が十分に泡立っていない

洗顔をする時に洗顔料が十分に泡立っていないと、手と顔が直接触れ合うことになってしまい摩擦が起こり、ニキビなどの敏感なお肌に刺激を与えてしまいます。
さらに、洗顔が十分に泡立っていないと肌表面に洗顔料が残ってしまうため、すすぎ残しの原因にもなります。

効果が出ないNGな洗顔方法④ゴシゴシ擦って洗顔している

洗顔をする際に、汚れが気になるからと言ってゴシゴシ洗顔してしまうのはNGです。
肌に摩擦を与えてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、かえってさまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

洗顔をする際はふわふわな濃密泡で、肌を包み込むように洗いましょう。

効果が出ないNGな洗顔方法⑤洗顔時間が長い

洗顔はテキパキするようにしましょう。
無駄に洗顔時間が長いと、肌に必要な油分まで落としてしまいます。

洗顔の時間の目安は1分ほど。洗顔の効果をしっかり得るためには、テキパキと洗顔を行うようにしましょう。

効果が出ないNGな洗顔方法⑤タオルでゴシゴシする

洗顔が終わってタオルで水分を拭き取る際にゴシゴシとこすらないようにしましょう。
せっかく丁寧に洗顔しても、タオルで擦ってしまうと肌にダメージを与えてしまいます。
洗顔後はタオルを優しくぽんぽん、と当てる程度で十分です。

また、洗顔で使用するタオルは、毎回新しいものにしましょう。
タオルをそのまま放置していると、黄色ブドウ球菌など肌荒れを起こす菌が増殖する場合が多いので、毎回洗濯をした清潔なタオルで洗顔後の綺麗な肌の水分を拭き取りましょう。

効果的な洗顔料の選び方

洗顔料にはさまざまな種類があります。自分のお肌に合った、正しい洗顔料を選びましょう。

効果的な洗顔の選び方①洗浄力が強すぎない洗顔

敏感肌の方や、乾燥肌の方、肌にトラブルを抱えている方は、低刺激な洗顔料がおすすめです。
天然由来のものやフリー処方のもの、赤ちゃんでも使えるものなど、洗浄力の強くないものを選ぶといいでしょう。

洗顔料の中には、界面活性剤やアルコール、着色料、香料が入っているものもあります。
購入するときに成分を良く見て、出来るだけお肌に優しいものをセレクトしましょう。

効果的な洗顔の選び方②泡立ちが適度な洗顔

洗顔をする時の摩擦を防ぐため、洗顔には適度な泡立ちが必要です。
ふわふわの優しい泡で顔を包み込むように洗いましょう。

泡立てるのが面倒な方は、ワンプッシュで泡が作れる洗顔料がおすすめ。
肌を守るためにも、泡立ちの良さはチェックしましょう。

効果的な洗顔の選び方③保湿力のある洗顔

洗顔をしていると、皮脂の取りすぎによって乾燥したりする場合があるので、保湿力のあるものを選びましょう。
洗い上がりに肌がつっぱったりするものはNG。
保湿成分が配合されている洗顔料を選ぶようにしましょう。

おすすめの洗顔料を紹介

洗顔の効果を感じるためには、洗顔料の選び方が大切。
おすすめの洗顔料を紹介します♪

BISVEIL 泡ミツ洗顔

BISVEILの泡ミツ洗顔は、ワンプッシュで濃密泡を作ることができるので、肌への摩擦を軽減することができます。
濃密のキメ細かい泡ミツ洗顔の泡には、泡自体に汚れを落とすはたらきがあるので、余分な皮脂を洗い流し、古い角質をケアすることができます。
また、はちみつを保湿成分として配合。洗い上がりもしっとりします♪

▶︎詳しくはこちら

正しい洗顔方法で、より効果的に洗顔しよう!

毎日行う洗顔を効果的にすることで、特に肌の弱い人やニキビ肌の人は見違えるように素肌がより綺麗になっていくことでしょう。
洗顔をきちんとすることが美肌になる最大の近道です。年齢や男女の性別を問わず、洗顔は毎日行うのでより効果的に実践してお肌の悩みを解決していきましょう。

PickUpArticle

洗顔とクレンジングは両方必要!ダブル洗顔のメリットも合わせて紹介!
乾燥したカサカサ唇にはちみつが効果的?【成分とケア方法とは】
こすらない洗顔で角栓が溜まる!?こすらない洗顔は角栓にもメリットが!
【必見】洗顔後に保湿しないのはNG!効果的な洗顔後の保湿を紹介!
【保存版】洗顔後に肌がつっぱる原因と対策を徹底解説!!
美肌になりたい人必見!はちみつが美容に良い理由を徹底解説!