2022.09.21

《ウェディングドレスの歩き方》ドレスで美しく歩くポイントを紹介!

もうすぐ結婚式!ウェディングアイテムの用意が整っていても、忘れてはいけないことがあります!

結婚式での歩き方はマスターしていますか?

結婚式本番でぎこちない歩きだと、せっかく選んだウェディングドレスも冴えない印象に。

結婚式では、新郎新婦がゲストの前を歩く場面やキャンドルサービスなどの演出がたくさんあります。

初めてゲストの前に登場するバージンロードでは特別な歩き方をするなど、慣れないウェディングドレスを着て歩くことは想像以上に大変!

今回は結婚式で花嫁が最も美しく見える歩き方について、衣装やシーン別に解説します。

ぜひ参考にして、美しく自分らしい花嫁姿を披露してくださいね!

ウェディングドレスを着たときの歩き方の基本

《ウェディングドレスの歩き方》綺麗に歩くポイントは3つ!

結婚式での衣装は、ウェディングドレスに限られたことではありません。
着物などの和装を選ぶ花嫁もいるでしょう。
ウェディングドレスや和装によって歩き方のコツが変わるので詳しく説明します。

ウェディングドレスの場合の美しい歩き方

ウェディングドレスを着る場合の歩き方のコツは3つです。

  • 前を向いて歩く
  • 姿勢を正す
  • 重心を少しだけ後ろにかける

ウェディングドレスを着ていると、ドレスの裾を踏んでしまいそうで下を向きがちです。下を向くと背中が丸まって見えますし、意志の弱さも感じてしまうでしょう。
重心を少し後ろにかけることで、ドレスの前側の裾が少し上がるのでスカートからつま先が出ない範囲で歩けば裾を踏む心配がありません。
前向きな自信や決意を表現するためにも、しっかりと前を向いて正しい姿勢で歩きましょう。

着物など和装の美しい歩き方

着物を着る場合の歩き方のコツは3つです。

  • 姿勢を正す
  • つま先に体重を乗せて歩く
  • 歩幅は狭く、内またで

着物を着ている場合、いつも通りの歩き方で歩いてしまうと着崩れる原因になります。
背筋をピンと伸ばすことはもちろん重要ですが、足の出し方には注意して。
つま先に体重を少し乗せながら、膝が内側に入るようにして歩きましょう。
歩幅を狭く意識することで、着崩れすることなく上品な歩き方になります。

バージンロードの歩き方

《ウェディングドレスの歩き方》綺麗に歩くポイントは3つ!

花嫁がバージンロードで一歩一歩を交互に踏み出す歩き方を「ウェディングステップ」といいます。
このウェディングステップの歩き方は、赤ちゃんだった頃の歩き始めのヨチヨチ歩きを表しています。
一歩一歩が1歳、2歳と年月の積み重ねを表していて、父や母に育ててくれた今までの人生を噛みしめながら歩くバージンロードは、感動の瞬間です。

歩き方は、「右足を出す→揃える、左足を出す→揃える」の繰り返しです。
歩幅は足のサイズほどですが、エスコートしてくれるお父様と花嫁が同じ歩幅で歩けるように事前に練習しておけば、本番もスムーズな歩き方ができるでしょう。

バージンロードでは歩き方に集中してしまい、足元に目が行きがちです。
目線は前を見て、しっかりと胸を張って歩きましょう!

新郎と並んだときの歩き方

《ウェディングドレスの歩き方》綺麗に歩くポイントは3つ!

挙式後の披露宴では、入場やゲストへのキャンドルサービスなど新郎と並んで歩くことが多くなります。
新郎も花嫁も腕の組み方や歩く速さに気を付けることで、一層素敵に見えることでしょう!

新郎と並んだ時の歩き方①エレガントな腕の組み方

新郎と並ぶときは、左側に花嫁が立つので、花嫁の右手で腕を組みます。
立ち位置は新郎より半歩下がり、お互いがやや内側に向いて立つと良いでしょう。
腕を組むときに気を付けたいのが、腕を絡ませすぎることです。
新郎との距離が近すぎても、上品さに欠けてしまいます。

新郎の腕に手をそっと添えるようにして、新郎との空間を少しとるようにしましょう。

前から見て花嫁の指が3本見えるくらいがベストです。
新郎との距離が少し空くことで、ドレスを間違って踏んでしまうトラブルも避けられますよ。

新郎と並んだ時の歩き方②ゆっくり歩く

歩く速さに注意しながら、ゆっくり歩きましょう。
とくにウェディングドレスを着ている花嫁は想像以上に重くて歩きにくいので、いつもよりゆっくり歩く必要があります。
そのため新郎は、花嫁のペースに合っているか気遣いを忘れることの無いように歩いてください。

普段から彼と練習するのも大切ですが、ドレスのフィッティングをした際に練習をしてみると当日のイメージが湧きやすくなりますよ。

ウェディングドレスで綺麗に歩くポイント

《ウェディングドレスの歩き方》綺麗に歩くポイントは3つ!

バージンロードを歩くにしても式場で歩くにしても、ウェディングドレスを着て歩くことはとても難しく緊張するものです。
ここで、ウェディングドレスを着て綺麗に歩くためのポイントを3つ紹介します。
この3つを意識するだけで格段に美しく見えるので、参考にしてくださいね。

ウェディングドレスで綺麗に歩くポイント①目線を下げない

ウェディングドレスを着て歩くときに、大前提で意識して欲しいのは「常に目線を前にする」ことです。
歩き慣れないドレスで足元が気になり目線を下げてしまったり、恥ずかしさで無意識にうつむきがちにになってしまうことも。
目線を下げてしまうとゲストから花嫁の表情が良く見えませんし、シャッターチャンスが少なくなってしまいます。
しっかり前を向いて歩きたいところですが、あごまで前に出てしまっては美しさに欠けるので注意しましょう。
胸を張りつつあごは引いて、目線は前にして歩きましょう。

どうしてもぎこちなくなってしまう心配があるなら、普段の生活から意識して癖をつけておくと良いでしょう。

ウェディングドレスで綺麗に歩くポイント②ゆっくり歩幅は小さく

ウェディングドレスを着て歩く際は、スピードはゆっくりで歩幅は小さくして歩きましょう。
新郎が着用するタキシードは普段のスーツとさほど変わりませんが、花嫁のウェディングドレスはとても重く想像以上に歩きにくいのです。
さらに、高いヒールを履く場合はより歩きにくいので慎重に歩く必要があります。

また、早く歩くとせかせかした印象になるので厳かな雰囲気にはそぐわないですよね。
歩幅を小さくすることで自然とゆっくりとしたスピードになりますし、ドレスの裾を踏んでしまうようなトラブルを避けられるでしょう。

ウェディングドレスで綺麗に歩くポイント③裾を踏まないように前に蹴るように

ふくらみのあるドレスを着用する場合は、常に足の甲で裾を蹴りながら歩くことになるでしょう。
ただし、蹴るといっても思いっきり蹴り飛ばすのではありません。
あまり強く蹴ると、ドレスの裾が跳ね上がってしまい上品さに欠けます。
ドレスの裾をすくいあげるような気持で歩きましょう。

なるべく膝を曲げないようにして、かかとに重心が行くように歩くと自然に裾をすくいながら歩くことができますよ。
どうしても難しい場合は、スカートの裾を持って歩いても大丈夫です。
ただし、裾を上げ過ぎて足元があらわになってしまうと素敵なドレスが下品な印象になるので気を付けましょう。

ウェディングドレスでさらに美しい姿になるために

ウェディングドレスをさらに美しく着こなすためには、歩き方以外にも美しい肌も大切です。
プレ花嫁さんたちに話題の、ブライダルスキンケアを紹介します♪

BISVEIL 泡ミツ洗顔

BISVEILは、花嫁さんをさらに至上の美しさへと導くブライダルスキンケアブランド。
結婚式に向けて、美容液やシートマスクなど特別なケアをしている方も多いですが
泡ミツ洗顔は不要な皮脂や汚れをやさしく落とし、美容成分が角質層まで浸透しやすくなる肌を作ります。

▶︎詳しくはこちら

美しい歩き方で、さらに美しいウェディングドレス姿に!

美しい歩き方で、さらに美しいウェディングドレス姿に!

美しいウェディングドレスを着こなすためには、歩き方がとても大切です。
挙式では「ウェディングステップ」という特別な歩き方をする必要があり、一緒に歩くお父様と練習しておくと良いでしょう。
式場では新郎と腕を組んで歩くため、腕の組み方や歩くスピードを意識することでよりウェディングドレスの美しさを引き立たせるでしょう。

また、ふくらみのあるウェディングドレスを着用する場合は、裾を蹴り飛ばすのではなく、ひざ下から裾をすくいあげるようにして歩くのが優雅に見せるコツです。
人生で最も輝く瞬間である結婚式、綺麗な歩き方を練習して当日には優雅なウェディングウォークでゲストをお迎えしましょう!

PickUpArticle

ブライダルシェービングはいつ受けるのが良い?種類や注意点を紹介!
花嫁美容にスキンケアは欠かせない!こだわるべきポイントとは?
フォトウェディングは後悔しがち?後悔しないための4つの方法を紹介
【結婚式1ヶ月前にやるべきこと7選!】結婚式前はぬかりない準備を!
結婚式前日の食事はどう過ごす?控えたい食事10選とおすすめの食事!
フォトウェディングが決まったら!やっておくべき美容法8選を紹介