2022.08.05

マスクが原因でシミになる!?今日からできるマスクのシミ対策を紹介!

感染予防として毎日欠かせないマスク。ですが、そのマスクがシミの原因になるって知ってましたか?

「最近なんだかシミが増えたなぁ…」

こんな方は要注意!このままだとマスクが原因でシミが増え続ける可能性があります。毎日しているマスクが、シミのできる原因になるとは驚きですよね。

この記事を読んで今まで何気なくマスクをしていた方も、今日からできるシミ対策を取り入れてシミのない美肌を目指しましょう。

マスクによってシミができる原因とは?

マスクによってシミができる原因とは?

マスクによってシミができる原因は、摩擦と紫外線です。
どちらも、シミの原因となる「メラニン」が肌に長時間蓄積されることでシミとなり現れます。

摩擦が起こるのは、マスクが肌に擦れることが原因。
自分ではマスクが擦れているつもりはなくても、知らない間に肌で摩擦が起こっているかもしれません。
マスクによって肌への摩擦が起きないように、しっかり予防しましょう。

紫外線は、マスクをしているからと油断してUVケアをしないことが原因。
マスク生活が始まり、ベースメイクをしなくなったという方はいませんか?紫外線は、シミへのダメージが大きいため、マスクをしているからと油断するのは禁物です。

マスクでシミを作らない方法

マスクでシミをつくらせない方法

ここからは、マスクでシミをつくらせないための方法を5つご紹介します。

マスクでシミができる原因は「摩擦」と「紫外線」だとお伝えしました。この予防となる4つの方法を参考にして、シミのないお肌を目指しましょう。

マスクでシミを作らない方法①マスクによる摩擦を減らす

まずはマスクによる摩擦を減らしましょう。
普段しているマスクは、自分の顔のサイズに合っていますか?

マスクが大きすぎてサイズが合っていない場合、だんだんとマスクが下にズレてきて、その度に元の位置に戻そうとしますよね。そのため、マスクと肌が擦れて摩擦が起きてしまいます。反対にマスクが小さい場合も、マスクが肌に強く触れるため摩擦が起きるので注意。

マスクを選ぶときは、自分に合ったぴったりなサイズを選んで摩擦をなくしましょう。

それでも摩擦を減らせない場合は、マスクと肌の間にガーゼなどを挟むのもおすすめ。
ガーゼを間に挟むことでマスクが直接肌に触れることがなくなり、摩擦を軽減させることができます。
自分の顔よりも大きめのマスクを使う際にもおすすめです。

マスクでシミを作らない方法②マスクの中も日焼け止めを塗る

シミを防ぐために、マスクの中もしっかり紫外線対策はできていますか?

マスクでは紫外線を予防することはできません。
シミの原因となる紫外線を浴びないためには、日焼け止めは必須アイテムです。

たとえマスクで顔が隠れていたとしても紫外線をカットすることはできないので、マスクの中も日焼け止めは必ず塗りましょう。
特に夏は汗で日焼け止めが落ちてしまうため、3時間おきに塗り直すのがオススメです。

マスクでシミを作らない方法③肌を乾燥させない

肌が乾燥すると、ターンオーバーのサイクルが乱れてシミができやすくなります。
ターンオーバーが乱れると、シミの原因となる「メラニン」が排出されないため、シミがどんどん増えてしまいます。
これを防ぐためには、肌を乾燥させないことがポイント!

肌を乾燥させないためには、ミスト化粧水がおすすめです。
ミスト化粧水は、持ち運びもしやすく外出先でも手軽に保湿ができる便利なアイテム。マスクを外して顔から30センチほど離したところからシュッと吹きかけましょう。

それでも肌の乾燥が気になる方は、普段のスキンケアも保湿に特化したものを取り入れてみましょう。
高保湿タイプのスキンケアや、ミスト化粧水を上手に活用して肌の乾燥を防ぎ、シミを予防しましょうね。

マスクでシミを作らない方法④マスクはゆっくり外す

マスクを外すときは、肌に摩擦が起きないようにゆっくり外すようにしましょう。つい勢いよく外してしまいがちですが、勢いよくマスクを外してしまうと擦れて肌につよいダメージを与えてしまいます。
マスクによって水分が奪われた肌は乾燥しているため、マスクが擦れて摩擦を与えてしまうとシミの原因に。

「マスクはゆっくりと外す」を頭の中に入れて、今日から肌への摩擦を減らしましょう。

マスクでシミを作らない方法⑤夜は保湿+シミケアをしっかり

マスクを毎日していると、どうしてもシミはできやすくなってしまうもの。
マスクをしないわけにはいかないので、普段のスキンケアをシミにアプローチできるようなものに変えるのも1つの手です。

夜は丁寧に洗顔をして、しっかり保湿をしたら、ビタミンCなどシミにアプローチできる成分を配合した美容液でしっかりシミのケアをしましょう。
洗顔やスキンケアをする際も、肌への摩擦を与えないようにやさしくケアしてあげましょう。
洗顔は濃密な泡で、スキンケアは手のひらで抑えるように優しく行うのがポイントです。

摩擦軽減におすすめのスキンケア

マスクによるシミの原因は、摩擦。
マスクによる摩擦を防げたとしても、普段のスキンケアで防げていなかったら意味がありません!
摩擦を軽減できるスキンケアを紹介します♪

BISVEIL 泡ミツ洗顔

BISVEILの泡ミツ洗顔は、ワンプッシュで濃密な泡を作ることができるので、シミの原因となる摩擦を軽減することができます♪
また、泡ミツ洗顔の泡は、泡自体に汚れを落とすはたらきがあるので、肌を擦ることなく不要な皮脂や汚れを落とすことができます。

洗顔は意識していなくても、思わず肌を擦りがち。泡ミツ洗顔の優しい泡で、摩擦を軽減して洗顔をしましょう♪

また、泡ミツ洗顔は保湿成分としてはちみつを配合。洗い上がりもしっとり肌に♪
マスクによるシミに悩む方におすすめの洗顔料です。

▶︎詳しくはこちら

マスクによるシミを防いで、美しい肌を目指そう!

マスクでシミになる原因は、「摩擦」と「紫外線」だとお伝えしました。まさか、毎日しているマスクがシミの原因になるとは思わなかった!と驚いた方もいたのではないでしょうか。

マスクでシミをつくらないために、

  • マスクによる摩擦を減らす
  • マスクの中も日焼け止めを塗る
  • 乾燥させないアイテムをもつ
  • マスクはゆっくり外す
  • 保湿とシミケアをしっかり行う

この5つのポイントを取り入れると、シミの原因である摩擦と紫外線を予防することができます。毎日の努力の積み重ねが、数年後の美肌を手に入れるための近道。毎日欠かせないマスクだからこそ今日から対策を行い、シミのない美肌を目指しましょう。

PickUpArticle

肌の摩擦は美肌の大敵!肌への摩擦を防ぐ対策について徹底解説!
洗顔は水とお湯どっちが正解?実は洗顔は〇〇で行うべきだった!
洗顔をしているのに角質が気になる理由とは?
「洗顔しない」美容法とは?洗顔しない方がいい理由を徹底解説!
クリアな肌に導く正しいクレンジングの方法とは?簡単なコツを掴んで肌トラブル知らずに!
洗顔におすすめなお湯の温度は?冷水でもお湯でもない理由を解説!