2022.05.19

マスクの摩擦は美肌の点滴!マスク摩擦による肌荒れの対処法を紹介!

新型コロナの影響でマスクを付ける機会が増えて、肌のトラブルで悩んでいませんか?ここではマスクによる肌トラブルの原因と対処法について解説していきます。肌トラブルは放置すると取り返しが付かなくなることもあるので、早めに対処しましょう。

マスクで肌トラブルが起こる原因

マスクの着用で引き起こるトラブルの原因は「摩擦・乾燥・蒸れ」の3つに分けられます。

赤みやヒリヒリした痛みは摩擦

マスクの付け外しが多いと、肌が擦れて角質がはがれやすく、薄くなってしまいます。すると、肌のバリア機能が低下して外部刺激から肌を守ることができなくなり、肌が乾燥したり、赤くヒリヒリとした痛みを引き起こします。

かゆみや肌荒れは乾燥

マスクの着用によって起こるかゆみや肌荒れは乾燥が原因です。マスクを付けているとマスク内の湿度が高くなり、潤うと勘違いしがちですが、実際は肌を保湿するほど湿度は高くなりません。

マスクを外したときに肌の水分が一気に蒸発するため、これが原因で乾燥肌や敏感肌になってしまいます。

湿疹や吹き出物は蒸れ

マスクの中は吐く息によって湿度と温度が高くなります。前述した通り、マスクの中は肌を潤すほどの湿度はありません。むしろ、吐いた息に含まれる雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。これが湿疹や吹き出物を招きます。

マスクで摩擦を起こさない方法

マスクの摩擦によって肌が荒れる原因は摩擦によって肌の角質が薄くなるからです。そのため、摩擦が少なくなる素材や肌を事前にケアしておくことで、肌へのダメージを軽減することができます。また、マスクの素材を選んだり肌のケアをしていても、マスクが清潔でないといけません。

ここでは摩擦を起こさないためのマスクの素材やスキンケアについて解説しています。

肌に優しい素材のものを

不織布タイプのマスクは肌との摩擦が強く、肌にダメージを与えてしまいます。そのため、マスクを選ぶ際は肌に優しいシルクや綿タイプのものを選びましょう。しかし、人によって肌に合うマスクが違っていたり季節によって肌の状態が違うので一概に肌に良いマスクだとは言えません。なので、色んな種類のマスクを着用してみて自分に合うマスクを探すことが大切です。

毎日不織布マスクの交換

職業柄、毎日不織布マスクを付けないといけない場合は、毎日マスクを交換しましょう。マスクは肌に密着しているため、マスクは清潔に保つ必要があります。毎日同じ不織布のマスクを使い回していると、吐いた息の雑菌やメイクによってマスクを清潔に保つことができません。そのため、マスクの雑菌やメイクによって肌が荒れる原因となってしまいます。

折りたたんだガーゼをマスクの内側に挟む

不織布のマスクを毎日付けないといけない人は、内側にガーゼを挟んで肌への摩擦を極力減らしましょう。少しでも摩擦を減らすだけでも、敏感肌の人は肌荒れを抑えることができます。

スキンケアパウダーで摩擦を軽減させる

スキンケアパウダーは肌の表面をサラサラにしてマスクとの摩擦を減らすことができます。また、スキンケアパウダーは摩擦を減らすだけではなく、メイク崩れを防止するためマスクにメイクが付きにくくなります。そうすることで、マスクを長い間清潔に保つことができるため、肌へのダメージを減らすことができます。

さらにスキンケアパウダーの種類によって保湿や美肌効果が期待できる成分が入っているものがあります。スキンケアパウダーを選ぶときは「目的・タイプ・カラー」の3つで選びましょう。マスクによる肌トラブルを解決したいのであれば、美容成分はヒアルロン酸やコラーゲンが豊富に入っているもの、自宅で使用するならルースタイプで外出に持っていくのであればプレストタイプを選びます。カラーは自分の肌になじむ色を選びましょう。

マスクのサイズや形にこだわる

マスクのサイズにこだわるのも一つの手です。顔にフィットしない立体的なマスクがおすすめです。平面的なマスクの場合は、顔との接着面が大きくなり凹凸で擦れてしまいます。それによって、肌とマスクの摩擦が大きくなることで肌の荒れのリスクが高くなります。

マスクで乾燥を起こさない方法

外気とマスクの湿度の差により、マスクを外したときに肌の水分が一気に蒸発するので乾燥を引き起こしてしまいます。そのため、マスクを付けている状態であっても乾燥対策は必須です。

顔に合ったサイズのマスク

肌の乾燥を起こさないためには、自分に合ったマスクを選ぶことが大切です。大きすぎるマスクは顔とマスクの隙間から水分が逃げていき、乾燥を引き起こしてしまいます。逆に小さすぎるとマスクと顔がこすれて、摩擦による肌トラブルを引き起こすことになるので、自分の顔に合ったマスクを選ぶことから始めましょう。

自分のサイズを知ろう

自分に合ったマスクを探すためには、ます自分の顔のサイズを測らないといけません。自分の顔を測る手順は次のステップです。

  • 親指と人差し指でL字形を作る
  • 耳の付け根の上に親指、鼻の付け根から1cmくらい下に人差し指の先を当てる
  • 親指と人差し指の直線距離を測る

この直線距離が顔に合うサイズの目安になります。

  • 9-11cm・・・子ども用サイズ
  • 10.5-12.5cm・・・小さめサイズ
  • 12-14.5cm・・・ふつうサイズ
  • 14cm以上・・・大きめサイズ

マスクで蒸れを起こさない方法

マスク内の湿度はほどよいラインを保ち、蒸れすぎないように対策することが大切です。

こまめに汗を拭き取る

マスク内の汗はこまめに拭き取るようにします。汗を拭き取らずに高温多湿の状態が続くと、汗に含まれるアクネ菌の繁殖を促したり、吐いた息に含まれる雑菌も増えてしまいます。これがニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

汗を拭き取るときは、強くこすり付けるのではなく、軽く押さえるように拭き取りましょう。ゴシゴシと汗を拭き取ると、マスクの摩擦によって痛んでいる肌に余計なダメージを与えてしまいます。

通気性の良い素材のものを

マスクの摩擦による肌のトラブルの対策で、肌に優しいマスクを付けることが大切だと説明しましたが、マスクの通気性も意識しないといけません。通気性が悪いとマスクの中の湿度が高くなり、蒸れてしまいます。

マスクによる摩擦や乾燥で肌が荒れたときの対処法

マスクによって既に肌が荒れてしまった場合は、今すぐ対処しましょう。肌のトラブルを放置しているとシミや吹き出物の原因となり最悪の場合、跡が残ってしまいます。

正しいスキンケアでバリア機能の低下を防ぐ

肌には外部の刺激から守るためのバリア機能があります。バリア機能とは肌の角質層が肌に潤いを与え、肌をマスクの摩擦や乾燥から守ってくれます。この機能が低下すると肌荒れやニキビの原因となります。

そうならないためにも、正しいスキンケアをしてバリア機能の低下を防ぐ必要があります。スキンケアの方法は洗顔とクレンジングの2つになります。

  • 洗顔

洗顔で大切なことはぬるま湯または水を使うことです。温度の高いお湯を使うと、肌の油分を余分に流してしまい、乾燥肌を引き起こしてしまいます。ぬるま湯の温度は人肌よりも5℃くらい低いのがベストです。肌に触れても温かくも冷たくない温度です。ぬるま湯で顔を流した後に洗顔料を使いましょう。

洗顔のポイントは手でこすらないことです。手で強くこすると肌にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。また、洗顔料選びも大切です。洗顔料は成分も選ぶ基準となりますが、最も重要なのは自分に合った洗顔料を使うことです。もし、洗顔料によって肌に異常をきたしている場合はすぐに取り替えましょう。

洗顔が終わったあとのすすぎも重要です。洗顔料が残らないようにきちんと流しましょう。特にすすぎ残しが多い生え際は入念に洗い流します。洗顔料が肌に残ると、余計な刺激を与えてしまいます。すすぐ際も、洗顔と同じように擦ることなく、水をパシャパシャと顔に当てるように洗い流します。

  • クレンジング

クレンジングも手でこすらずに、肌に滑らすように塗りましょう。クレンジング剤は、とろっとしたタイプの保湿成分が方にあるものがおすすめです。敏感肌の方は低刺激のものを選ぶといいでしょう。

洗顔の後はすぐに保湿

洗顔後は顔に残った水分が蒸発する際に、肌の水分も同時に蒸発してしまうためすぐに保湿することが重要です。化粧水は洗顔料と一緒で低刺激のものを選びましょう。

馴染ませる際は手でもコットンでも問題ありませんが、洗顔のときと同様に強くこすらないようにしましょう。化粧水や乳液を「塗る」ではなく「蓋をする」というイメージを持つと正しく保湿ができます。

体の内側からバリア機能を守る

肌のバリア機能を守るためには、規則正しい食事・睡眠・運動がとても重要です。肌は腸の鏡と言われているほど、密接な関係にあります。そのため肌荒れを予防するためには腸内環境をきちんと整えるための食事が必要です。おすすめの食材は納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品です。これらの食材は善玉菌の数を増加させ、腸内フローラを整えてくれます。その他にも善玉菌の栄養となるわかめ、きのこといった食物繊維もバランス良く摂りましょう。りんごやバナナといったオリゴ糖を豊富に含む果物と一緒に食べるとより効果的です。

睡眠は人体にとって最も影響のある生活習慣で「睡眠が充実すれば人生が充実する」と言われているほどです。腸内環境も良質な睡眠によって整えられます。就寝前の食事やカフェインの摂取は避けましょう。
朝食にタンパク質を摂ると、就寝前には睡眠ホルモンが分泌されて良質な睡眠に繋がります。もし、朝食を抜いている方は軽食でもいいのでタンパク質を摂りましょう。朝食におすすめのタンパク質はナッツ、バナナ、鶏肉です。

運動をしないと血流やリンパの流れが悪くなり、肌のむくみや肌荒れに繋がります。自宅でできる簡単な運動でいいので、少し身体を動かしてみましょう。ストレッチやヨガといったリラックスしながらできる運動がおすすめです。

まとめ

マスクの着用による肌のトラブルの原因と対処法を紹介しました。肌のトラブルは放置していると、シミの原因になり、跡が残って取り返しの付かないことになりかねません。そのため、マスクによる肌の異常を感じた場合はすぐに対処することをおすすめします。

肌に合うマスクを選んで、スキンケアをきちんとしたとしても、人体の基礎となる食事・睡眠・運動を疎かにしていると解決しません。そのため、生活習慣が乱れている方は規則正しい生活を意識しましょう。

PickUpArticle

【保存版】洗顔後に肌がつっぱる原因と対策を徹底解説!!
クレンジングで角栓が取れない?たまご肌を目指すなら適切なケアを!
洗顔は一日何回すればいいの?肌タイプ別の正しい洗顔の回数を紹介!
はちみつはアトピーにも効果が!はちみつの驚きの効果を紹介
気になる角栓は日々の洗顔で予防できる!?角栓の対処法を徹底紹介!
シミ対策にはちみつパックがおすすめ!はちみつパックの驚きの効果!