2022.11.01

エプソムソルトの効果とは?バスソルトとの違いや効果を解説!

海外セレブやモデルの間で今流行中のエプソムソルト。聞いたことがあっても、実際どんなものなのか知らない人は多いのではないでしょうか。

今回は、エプソムソルトについてニガリやバスソルトと比較して説明します。
エプソムソルトの嬉しい3つの効果や、効果的な使い方についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

そもそもエプソムソルトってなに?

【エプソムソルトとは?】バスソルトとの違いや効果を解説!

エプソムソルトの成分は「硫酸マグネシウム」で、海水に含まれるミネラル成分です。

15世紀~16世紀にイングランドの「エプソム」で発見され、白い結晶で見た目が塩に似ていることから「エプソムソルト」と名付けられました。
欧米では昔から国民に親しまれ、今では美容や健康に効果があることから、海外セレブやハリウッド女優に愛用されている入浴剤です。

成分や名前が似ていることから「ニガリ」や「バスソルト」と間違われますが、成分や効果はまったく違います。
どのような点が違うのでしょうか。

エプソムソルトとニガリの違い

エプソムソルトの成分は「硫酸マグネシウム」で、ニガリの成分は「塩化マグネシウム」が含まれています。
エプソムソルトもニガリも共通する成分はマグネシウムですが、マグネシウムの量はニガリの方が多めです。

疲労回復や発汗効果をより強く感じたい方は、ニガリ(塩化マグネシウム)の使用がよいと言えますが、肌の刺激がやや強いため注意が必要。

一方、エプソムソルトは赤ちゃんの沐浴に利用を推奨しているメーカーもあるほど肌に低刺激です。
お肌に優しくマグネシウムの効果を実感できるエプソムソルトは、魅力的な入浴剤と言えます。

エプソムソルトとバスソルトの違い

エプソムソルトとバスソルトの大きな違いの1つは、エプソムソルトには塩の成分が入っていないことです。
「ソルト」とついているのでややこしいですが、エプソムソルトは見た目が塩に似ているだけであって成分に塩分は含まれていません。

エプソムソルトとバスソルトは、期待される効果も違います。
エプソムソルトの効果はデトックスや疲労回復で、バスソルトの効果は発汗作用や冷え性改善が期待できます。
ただし、エプソムソルトにも発汗作用の効果がないわけではありません。

また、エプソムソルトはお風呂での追い炊きや配管の劣化の心配がなく、安心して使用できます。

エプソムソルトにはどんな効果がある?

【エプソムソルトとは?】バスソルトとの違いや効果を解説!

エプソムソルトの効果は大きくまとめると3つあります。

  • 血行促進で発汗作用がある
  • リラックス効果がある
  • 安眠効果がある

1つずつ説明します。

エプソムソルトの効果①血行促進と発汗作用

エプソムソルトの効果には、血行促進や発汗作用があります。
エプソムソルトに含まれるマグネシウムが、血管を拡張し血流を促すことで効果を得られます。

エプソムソルトの効果で全身の血の巡りが良くなり、汗をかくことで水分と一緒に老廃物が排出されます。
むくみが取れたり、便秘が解消されるなど女性にうれしいデトックス効果が得られるでしょう。
発汗することで気分もリフレッシュしますよね。

エプソムソルトの効果②リラックス効果がある

エプソムソルトの効果には、疲れを癒してリラックスすることも挙げられます。
エプソムソルトはマグネシウムが豊富に含まれていますが、このマグネシウムはストレス解消に効果的です。

人間はストレスを感じるとマグネシウムがどんどん体外へ排出されます。マグネシウム不足になると、さらに精神的ストレスが加速する悪循環に。
また、女性の場合には、月経前症候群の緩和にもマグネシウムが効果的と言われています。

マグネシウムが含まれたエプソムソルトを使用して入浴することで、皮ふからマグネシウムを補給し、エプソムソルトの効果で心も体もリラックスさせましょう。

エプソムソルトの効果③安眠効果がある

エプソムソルトの効果には、安眠効果もあります。
エプソムソルトに含まれるマグネシウムは「天然の精神安定剤」と言われ、気持ちをリラックスさせる効果が期待されます。

「目が覚めてもすっきりしない」「集中力が足りない」と感じている方は、睡眠の質が良くないかもしれません。
エプソムソルトで入浴してマグネシウムを取り入れることで、深い睡眠効果が得られるでしょう。

エプソムソルトの効果的な使い方

【エプソムソルトとは?】バスソルトとの違いや効果を解説!

エプソムソルトを入浴剤として使用しても、ただお湯に浸かるだけではよい効果を得られません。
エプソムソルトで効果を得るポイントは3つあります。

  • お湯の量に対して0.1%のエプソムソルトを入れる
  • 38℃~40℃くらいのぬるめのお湯
  • 10~20分ほど湯船に浸かる

お湯の量が150Lの場合、エプソムソルトの量は大体150g程度がちょうどよく効果を得られます。

エプソムソルトの効果を感じるためには、お湯の温度は38℃~40℃くらいのぬるめに設定しましょう。
また、高温のお湯に2~3分浸かるだけでは、マグネシウムが浸透せず効果を感じられません。
お湯に浸かる時間は10~20分ほどで、ゆっくりと体の芯まで温めましょう。

その他のエプソムソルトの使用法は、

  • 直接すり込んで頭皮マッサージ
  • オイルに混ぜてボディマッサージ

などがあります。

頭皮マッサージは、髪を洗ってタオルドライした後にエプソムソルトを大さじ1杯ほど取り、頭皮にすり込むようにマッサージしてください。
2~3分マッサージして洗い流せば、エプソムソルトの効果によって頭皮の汚れがスッキリ落とすことができ、髪がしっとりしますよ。

エプソムソルト入りのオイルマッサージは、高級エステ店でも多く取り入れられており、美肌効果が高いと言われています。
オリーブオイルやホホバオイルなど好みの植物オイルに少量混ぜて、使用してみてください。

エプソムソルトの効果を知って、上手に活用しよう!

エプソムソルトの効果を知って、上手に活用しよう!

テレビや雑誌などで取り上げられているエプソムソルトは、約500年前に発見され昔から欧米では親しまれてきた入浴剤です。

エプソムソルトの成分は、バスソルトとは違って塩分はなくマグネシウムを豊富に含み、発汗効果・リラックス効果・安眠効果など、心と体の不調を改善する効果が期待されます。

今回ご紹介したエプソムソルトの正しい使い方を参考に、エプソムソルトの効果で心身ともにリラックスしてみてはいかがでしょうか?

PickUpArticle

半身浴の効果を徹底解説!全身浴との比較や、失敗しないコツもご紹介
ピンクソルトの正体とは?ピンクソルトの効果について徹底解説!
塩風呂の効果とは?美容効果を高めるおすすめの入浴方法を徹底解説!
はちみつ風呂の効果とは?簡単にできるはちみつ風呂作り方と注意点を解説!
ヒマラヤ岩塩の成分や効果は?食事だけじゃない使い方を解説