2022.06.21

はちみつを肌に塗ってはちみつパック!美容効果とはちみつの選び方

栄養素が豊富に含まれている食材として有名なはちみつ。
最近は美容面でのはちみつの効果にも注目が集まっています。

しかし、はちみつは美容にプラスの効果がある印象はあるものの、どういった効果があるのかについては詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、はちみつを直接肌に塗る「はちみつパック」でどのような効果があるのかについて解説します。
効果についてきちんと知った上ではちみつパックを試すことで、より効果的に日々のスキンケアに取り入れることができます。
いくつか注意点もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

はちみつを肌に塗る「はちみつパック」の効果

はちみつを肌に塗る「はちみつパック」の効果

はちみつには、美肌を目指すための様々な効果を期待できます。
前述のようにはちみつには豊富な栄養素が含まれており、食事として摂るだけでなく肌に直接塗ってはちみつパックをすることでも美肌を目指すことができます。

はちみつパックの効果①はちみつの保湿性で水分を逃さない

はちみつには、高い保湿効果や吸水性があります。
保水性や吸水性が高いはちみつは、空気中に含まれる水分を吸着しながら肌の水分が蒸発するのを防ぎ、うるおいのある肌を保ってくれます。

肌がうるおっている状態であることは、肌を守るバリア機能が正常に働くことに大きく影響します。バリア機能が低下すると、乾燥や摩擦などの外部刺激から肌を守ることが難しくなり、肌トラブルの原因となることも。
はちみつの保湿効果により、うるおいのある柔らかい肌を保つことができるほか、健康的な肌を目指すこともできます。

はちみつパックの効果②ポリフェノールの力で酸化を防ぐ

はちみつには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。
はちみつに含まれているポリフェノールは、紫外線などが原因で発生する活性酵素を減らし、肌が酸化するのを防ぎます。
活性酵素はもともとウイルスや細菌などに対抗する役割を持ちますが、増えすぎると細胞などにダメージを与えシミやしわ、たるみなどの原因になることも。

はちみつに含まれるポリフェノールは、そんな活性酵素に有効に作用し肌が酸化するのを防ぐ効果があると言われているので、
はちみつを肌に塗ってはちみつパックをすることで、エイジングケアができます。

はちみつパックの効果③ビタミンCでシミ予防

はちみつは、シミ予防にも効果を発揮します。
はちみつに含まれるビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果があります。
また、メラニン色素が蓄積することによって起こる毛穴の黒ずみにもアプローチし、予防する効果があります。

メラニン色素は肌を守るために紫外線を吸収する役割をしています。
しかし、紫外線やストレスから肌を守ろうとした結果、メラニン色素が過剰に作られてしまうと改善しづらいシミのもととなってしまうのです。

はちみつに含まれるビタミンCは、そんなメラニン色素が活性化するのを防止し色素沈着を防いでくれると言われています。
シミ予防だけでなく、メラニンの色素を無色化する還元作用もあるなど、シミや毛穴の黒ずみに対しても有効に働きかけます。

シミが気になる季節は、はちみつを肌に塗ってはちみつパックしてみるのもおすすめです♪

はちみつパックの効果④ビタミンB群でターンオーバーを整える

はちみつにはターンオーバーの促進を促す栄養素が含まれているため、健康的な肌を保つのにも有効です。

はちみつには皮脂分泌のバランスを調整し、肌の代謝を促すビタミンB2やビタミンB6が含まれています。これらのビタミンが不足すると、肌の適切な皮脂分泌を保つことができずに肌トラブルが起きてしまったり、ターンオーバーが正常に行われず乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性も。

正しい周期でターンオーバーが繰り返されることで、バリア機能がしっかり整った健康的な肌を保つことができ、紫外線や有害物質、ほこりなどの様々な外的刺激から肌を守ってくれます。
はちみつに含まれるビタミンB群は、皮脂分泌やターンオーバーの促進など肌にとって重要な役割を担っています。

肌に塗るはちみつパックにおすすめのはちみつ

肌に塗るはちみつパックにおすすめのはちみつ

使用するはちみつは、はちみつ美容に適したものを選ぶようにしましょう。
はちみつには様々な種類がありますが、たとえば食事に適したはちみつを肌に塗ってしまっては充分な美容効果を得られないばかりか、肌にとってよくない結果となってしまう場合があります。
はちみつを選ぶ際は、以下の3つのポイントを意識しましょう。

肌に塗るおすすめのはちみつ①生はちみつ

肌に塗るはちみつは、100%天然の生はちみつを選ぶことが大切です。
成分表示にはちみつ以外の成分が表記されていなければ、生はちみつと考えてよいでしょう。

加熱して精製されたはちみつや糖分を加えた加糖はちみつなどでは、はちみつに本来含まれている成分が失われていたり、肌にとって余分な添加物などが含まれている可能性があります。
その場合、はちみつの美容効果が発揮されないばかりか、肌にとってダメージとなってしまうこともあります。

はちみつの美容効果を最大限に得るためにも、購入する前に成分表示は必ずチェックしましょう。さらにこだわるのであれば、非加熱や低温処理のものを選ぶとより効果的。
本来のはちみつの栄養素そのままに近い形で肌に浸透させることができるため、はちみつを肌に塗るはちみつパックに適していると言われています。

肌に塗るおすすめのはちみつ②はちみつを含んだスキンケア

はちみつを肌に塗ったはちみつパックに抵抗があったり、どのはちみつを選ぶか迷う場合は、はちみつがすでに含有されているスキンケア商品を選びましょう。

スキンケア商品は専門家が様々な実験を重ね作っているものであるため、自分でつくるよりも安心かつ美容効果も得やすくなっています。
市販のものを購入するのはもちろん、現在使っているスキンケアアイテムに少量混ぜて使うこともおすすめです。はちみつの保湿力が作用し、肌がもっちりと潤います。

はちみつ美容が初めてという方や、どのはちみつにすればいいのか悩む!という場合ははちみつ入りのスキンケアを選択肢に入れておきましょう。

肌に塗るおすすめのはちみつ③自分の好みのはちみつを見つけてみる

はちみつを肌に塗ってはちみつパックをする時は、いろいろ試しながら自分好みのはちみつを見つけるのも一つの手段です。

1000種類以上あると言われているはちみつですが、大きく分けると一つの植物から採取した「単花はちみつ」と複数の植物から採取した「百花はちみつ」に分けることができます。
初めてはちみつ美容をする場合は、ヒマワリやレンゲなどから採取した単花はちみつが、やさしい香りで癖が少なく、はちみつ美容に使いやすいと言われています。

一方で、百花はちみつは単花はちみつより手に入りやすいですが、たくさんの花から採取することから製品により香りや成分が異なることも。
効果や香り、使い心地など、はちみつそれぞれに特徴があります。ぜひ自分に一番合うはちみつを見つけてみてくださいね。

はちみつを肌に塗るはちみつパックのやり方

はちみつを肌に塗るはちみつパックのやり方

ここからは実際にはちみつを肌に塗ってはちみつパックをするやり方を紹介します。

はちみつパックに必要なもの

はちみつパックに必要なものを紹介します。

  • はちみつ
  • ラップ
  • 木のスプーン

はちみつは自分の好きなものを選んでOK。精製されていない生はちみつがおすすめです。
ラップは家庭用のもので大丈夫です。口と鼻の部分に穴を開けて使うようにしましょう。
市販のシートマスクで代用することも可能です。

はちみつパックの手順

はちみつパックは簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

  1. 洗顔をして皮脂や汚れを丁寧に落とす
  2. 顔の水気を拭き取り、はちみつを顔全体に馴染ませる
    ※この時、金属のスプーンではちみつをすくうのはNG。木製のスプーンを使いましょう。
  3. 上からラップをかぶせて5分ほど放置
  4. ぬるま湯でよくすすぐ

すすいだあとは普段のスキンケアを行うだけ。はちみつパックは簡単にできるのでおすすめです♪

はちみつを肌に塗るはちみつパックの注意点

はちみつを肌に塗るはちみつパックの注意点

はちみつ美容には魅力的な点がたくさんありますが、注意しなくてはいけない点が2点あります。
場合によっては命に関わることもあるので、はちみつ美容をする前に確認しましょう。

はちみつパックの注意点①スプーンは木のものを使おう

はちみつを肌に塗る際は、木でできたものを使うようにしましょう。
金属のスプーンなどを使うと、科学反応によりはちみつの成分が変質し、栄養成分が失われてしまう可能性があります。
栄養成分が失われたはちみつでは、充分な美容効果を実感しにくくなってしまいます。

特に、他のはちみつよりも殺菌・消毒成分が高いマヌカハニーは抗菌力が落ち変質しやすいのだとか。
はちみつの美容効果を最大限に引き出すため、使用する道具の素材にも注意してみてくださいね。

はちみつパックの注意点②アレルギーがないかパッチテスト

アレルギーがないかどうか、あらかじめパッチテストを必ず行いましょう。
はちみつのアレルギーがある場合、かゆみや赤みがでて肌の状態が悪くなってしまったり、最悪の場合アナフィラキシーショックという重大なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

パッチテストのやり方は、二の腕や太ももの内側にはちみつを一滴つけ、絆創膏を貼って1日放置するだけ。
1日たってはがした時に赤みやかゆみなどの症状がでていなければはちみつを肌に塗るはちみつパックをしても問題はないでしょう。

今まではちみつでアレルギーがでなかった場合も、実は体内にアレルゲンが蓄積している可能性もあります。
はちみつパックを行う場合は事前に必ずパッチテストを行うようにしましょう。

はちみつを肌に塗ってはちみつパックをしてみよう!

今回ははちみつを肌に直接塗るはちみつパックについて解説しました。
清潔な肌に直接塗ることで保湿効果やアンチエイジングなどの効果を期待できるはちみつパック。
美容効果も魅力的ですが、甘くやさしい香りでいつものスキンケアに特別感が欲しいときにもぴったりです。より効果を引き出すためにも、試す前にはちみつの選び方や注意点は事前に確認しておいてくださいね。興味のある方はぜひ一度特別感のあるはちみつ美容を試してみてはいかがでしょうか。

PickUpArticle

シミ対策にはちみつパックがおすすめ!はちみつパックの驚きの効果!
「洗顔しない」美容法とは?洗顔しない方がいい理由を徹底解説!
美肌へ導く洗顔はタイミングが大切!正しい洗顔のタイミングを紹介!
ニキビにはちみつが効く?美肌効果やおすすめの5つのケアを紹介!
ダブル洗顔って必要?ダブル洗顔メリットや押さえておくべきポイントを紹介!
アカシアはちみつとは?美容効果や体にうれしい効能を解説!